TAKA&NYAOMIのアトリエが渋谷にOPEN!
nyaoparabanner.gif
アトリエNYAOPARAのHP↑クリック
 
★お問合せはこちら★
タカ&ニャオミバンド
メンバー募集中!
KOTO街かどアーティストライセンス更新も5年目に突入♪
今年からユニット名を「タカ&ニャオミバンド」とし、ゲストをお迎えしての楽しいステージを目指します!
アコースティック系、ギター・ウクレレ・スチールG・フラダンサーなどなど♪

2010年02月08日

ペダル・スチールのベール・・・

何か新しいことを始めるたびに、ブログでニャゴニャゴと言ってる私ですが、ペダルスチールシリーズが始まりましたっ!
誰か話しについてきてー(笑)

DSC03743.JPG

スラッキーGのタブはオープンチューニング故ゼロが多くて目に優しいとこの前書きましたが、
どうです!これも目に優しいじゃーありませんかっ!

写真右のタブを見ていただくとお分かりのように、串団子は同じ数字なのです!
つまりラップスチールのようにスラントしたりせず、まっすぐ乗せてればよいの。曲がったことが嫌いな人に向いてます!!!

ニーペダルは4つありますが下の写真のように間に足を入れて、それぞれ右に左にレバーを押すの。LKL(レフト・ニー・レフト)の場合は左足担当の左側のペダルってこと。
PSG.jpg

ちなみにこのPSG(ペダルスチールギター)のチューニングはC6で、LKLを使うとAの音がB♭になるようにセットされているので、セブンスの音が出せるわけですわ♪

コードも左からCDEFGABと並んでるわけだから、バーをまっすぐ置いてLKLすればセブンスがばっちりだせちゃうんですー!

ちなみにマイナーを出すには3個あるペダルの3番を踏めば良いのだ!
あとは・・・まだよくわからん。。。

ペダル1で低いセブンスが出せるかな。
まだこれからですが、RKR(ライト・ニー・ライト)つまり右足担当の右レバーね。これであーら不思議C6がG7になっちゃう。
ペダル3とLKRでディミニッシュになるって、、これは受け売り。

まだメリットを感じられていませんが、ラップでは難しい和音も、慣れれば簡単に出せる・・・はず!!!ですよねぇ?

誰か一緒にやりませんかー?ペダルスチールギター
あ、ラップスチールでもいいよー
お勉強しましょうYO〜☆

まだ旅は始まったばかり。

いまの望みは「初歩のペダル・スチール・ギター入門」が出版されないかにゃ♪
posted by NYA☆MI at 17:18| 東京 ☀| Comment(24) | ukuleleひとりごと(ギターもね) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど!
ペダル番号とLKL,LKR,RKL,RKRで使い分けているんだ。
曲にするには頭と体と足に覚えこませて慣れるまで大変そうですね。
何事も始めないと始まらない。まずは一曲ですね。精進してや!
RKRがライトだとLKLはレフトなのかな?
Posted by iisan at 2010年02月08日 19:05
>iisan

ソノトオリダYO!
混乱してマチガッテタYO、、、
直しました。ありがとー
とうぶん混乱が続きそうです♪
Posted by NYA☆MI at 2010年02月08日 19:15
にゃおみちゃん、いゃー足。忙しそう。でもそのぶん手が少し楽になるって感じ!?
いまだ単音でプープーの私には(笑)眩しい話っす・・・。今度何か聴かせてー!!
Posted by waka-chan at 2010年02月08日 20:52
>waka-chan

どもですぅ♪
一見ややこしそうに見えるでしょう。
今のところ否定は出来ないんですけどね、

予感があるのです。
ペダルスチールはコードネームだけでいけるんじゃないかと、、、

足はね、セブンスだ!とかオギュメントだ!とか明確な意思があれば動くんじゃないかと、、、、

その前に法則を見つけていかないとです。。。
Posted by NYA☆MI at 2010年02月08日 21:24
はじめまして。

当方もペダルを弾いているのですが、チューニングはオリジナル(と言うか、大昔にやったチューニング)です。

老人になったのでカントリーのC6チューニングには頭がついてゆけません。

3ペダル、1ニーレバーですべて半音上がりですが、和音はけっこうだせますよ。

一度聴いてみたいですね。
Posted by たぬき at 2010年02月09日 11:11
>たぬきさん♪

はじめまして!
コメントありがとうございます。

>3ペダル、1ニーレバーですべて半音上がりですが、和音はけっこうだせますよ。

まだよくわかっていないのですが、色々なセッティングがあるのですネ。

ペダルスチールは楽器自体のセッティングがあるのでチューニングは変えにくいですよね。
この楽器は、ライオンさんが考えられたセッテイングだそうで、ペダルは後から増設したとMATTさんから聞いてます。

>一度聴いてみたいですね。

聴いていただけるようになれるか不明なので、たぬきさんが弾いてみて下さい♪
4月にはアトリエに設置予定です☆
Posted by NYA☆MI at 2010年02月09日 12:20
たぬきさん こんにちは!
この楽器は死んだ友人が生前に「とても弾けない」と私に預けたもので20年ほど全く使っていなかったのですが、NYA☆MIが興味がある、とのことで引っ張り出して彼女にお渡ししたものです。
当然ながら弦は錆だらけでかなり手入れが必要でした。
もともとはフェンダーのトレーナ用3ペダル1ニーレバーだったものをファゼイで4ニーレバーに改造してもらったようです。
こんどぜひアトリエにお越しいただき手ほどきのほどよろしくお願いいたしますね。
そういえばもう一台F9thのチェンジャー(これはまだ生きている!友人からあずかったもの)もどこかにしまってあるはずですが、カントリー系のペダルは更にワカリマセン。
Posted by MATT at 2010年02月09日 13:04
では4月になりましたら、たぬきさんをお連れしたいと思います。
Posted by paul okubo at 2010年02月09日 14:06
>MATTさん
補足していただきありがとうございます!
どうしてこうなったのかはよく思い出せないんですけどね、、、
スラントがいらないって聞いてときめいちゃったんですネ。
色々機会を与えていただき感謝です♪
Posted by NYA☆MI at 2010年02月09日 14:14
ペダルスチールはチューニングが違うとぜんぜん弾けません。

paulさんに連れて行ってもらっても弾けないんです。
Posted by たぬき at 2010年02月09日 14:14
>paul okuboさん
ありがとうございます!
楽しみにお待ちしております。
ハーモスも今度ゆっくり触らせて下さいネ☆

>たぬきさん
お会いできるのを楽しみにしてます。
色々教えて下さいませ♪
okuboさんがいらっしゃれば、迷わずにすみます。
目標が大きい割に、迷われた方が多いので、、、
Posted by NYA☆MI at 2010年02月09日 14:20
mixiからこちらへきました。

情報お持ちと思いますが、
14日(日)にファゼイ・スタジオでべダルスチールのミニコンがありますよ。

石田新太郎さんのセミナーもあるとのことです。
Posted by イタ at 2010年02月09日 14:35
> ペダルスチールはチューニングが違うとぜんぜん弾けません。

たぬきさん大丈夫ですよ。開放弦は1弦からGECAGECAFCと、たぶん同じでしょうし、ニーレバーひとつで4弦を半音上げればもちろんセブンスになります。

マイナーシックスなどはペダル一つ踏めば実現しますので、たぬきさんのセッティングより簡単と思いますよ。

さらにpaulさん向きのF13(1弦からGFDAGE♭CAFC・・・正確にはF7add9、13)などという調弦もペダル二つ踏めば実現しますのでアーシーの曲も夢ではありませんよ。

あ〜あ、もっと若いころに弾いていればよかった!
Posted by MATT at 2010年02月09日 14:36
ウン10年前にPSGのプロから光栄にも「弾いてごらん」と言われて座ったは良かったのですが、8ペダル4ニーレバーがまったく使えずセブンス(ペダル1個)とシックス(開放)のみで一曲を弾いたことを思い出しました。
それに比べればこちらのほうがはるかに簡単ですよ。
Posted by MATT at 2010年02月09日 14:45
>イタさん
ありがとうございます!
まったく知りませんでした。
今ファゼイのHPに行ってみましたが見つかりませんでした。
イタさん行かれるようでしたら連れて行ってくださーい!!!
詳細も教えていただけるとありがたいです♪
Posted by NYA☆MI at 2010年02月09日 15:11
>MATTさん

8ペダル4ニーレバーと聞いただけで気が遠くなりました。
とっつきにくいですよね。
必要になってペダルが増えていくように思うのですが、深み・・・かもしれにゃい。。。
藤井さんがE9thクロマティック教本(CD付き)を出されているようです。でもE9th・・・
http://www.apollonmusic.com/htmlfiles/carter.html
ハワイから「C6で弾く初歩のペダルスチールギター入門」をお願いします〜☆
Posted by NYA☆MI at 2010年02月09日 15:20
なるほど、このペダルは私の為にあるのかも知れない・・・・なんて
Posted by paul okubo at 2010年02月09日 16:55
>paul okuboさん

きっとそうですよ!!!
決して逃げようというわけじゃありませんが、、、
F7add9、13?!
なんのことだか・・・
あまり考えたくないような(笑)


Posted by NYA☆MI at 2010年02月09日 17:42
ラップスチールの場合、これより半音低いE13thやB11thで調弦するのですが、PSGは他との共用を考えて半音高くなっています。

でもキーが違うだけで弾き方は同じです。
いよいよpaulさんがPSGに乗り出すときですね!

それからE9thはこれらの親戚のようですが1弦と2弦を3,4弦より低く調弦するので慣れないと戸惑うはずです。
でもなれたプレイヤーならクロマチックのランが簡単にできるというメリットがあります。
Posted by MATT at 2010年02月09日 18:06
>MATTさん

奥がふかいですねぇ〜

>1弦と2弦を3,4弦より低く調弦するので

これって大胆なんじゃないですか?

すごく自由な世界なのでしょうか?

一定の法則はあるのでしょうか?弦楽器だからというあたりだけなのでは。。。

そういう意味ではスラッキーも自分勝手に沢山チューニングがありますね(笑)

いま色々やってますが、結局音で覚える以外道なしと思いまーす♪
Posted by NYA☆MI at 2010年02月09日 20:26
>NYA☆MIさん

そうなんです。
ハガキが着いたんですが、HPには何故か載っていないんですよ。

私は予定が有るのでいけませんが、案内によると、
日時:3月14日
場所:ファゼイ・スタジオ 042-536-5781
13:00〜14:00 石田新太郎のセミナー(1500円)
14:30〜18:30 パーティー(2500円 1ドリンク)

パーティーでは、石田新太郎、石井和男、仁八義文、野口武義、ながさかマウンテンプレイボーイズ他多数出演、
と書いてありました。

場所はファゼイ社ですのでHPの地図で御確認下さい。
そちらからはチョット遠いですよね。
Posted by イタ at 2010年02月09日 21:45
>> 1弦と2弦を3,4弦より低く調弦するので
> これって大胆なんじゃないですか?

和音で使う弦と音階で使う弦を使い分けているのでしょうね。
C6調弦を考案したと言われている(未確認)ジェリー・バードはこれをさらに拡張して1弦からECAGECの間にBとFを挟んでECBAGFEという7弦ダイアトニック調弦を開発しました。
これによりバーを載せたままでミファソラシドという音階ができるという特徴があるだけでなく、選んだ弦の間でスラントを駆使し順スラントから逆スラントに切り替えてコードをスムースに変化させるというテクニックまで開発しました。
亡くなった長野弘さんは当時ポピュラーだったAマイナー調弦(ECAECA)の上にAより低いG弦を張ったGECAEC調弦スチールを弾いていました。
Posted by MATT at 2010年02月10日 08:54
>イタさん♪

詳しい情報をありがとうございます!
はがきだけの通知ですと、もしかしたら一般向けではないのかもしれませんね。
予定が合うようでしたら問い合わせてみます♪

この世界のことに疎くお名前を存じ上げなかったのですが、HP発見!
http://www.jah.ne.jp/~networld/citylites/
スチールギター教室もされるんですね!
現役プレーヤーの方も絶滅を危惧され動き出したのですねぇ。
Posted by NYA☆MI at 2010年02月10日 11:25
>MATTさん♪

ご解説ありがとうございますぅ!
本当に奥が深そうで・・・怖くなってきました(笑)
ペダルスチールはおいそれと増やしたりできそうもないですし、このC6で頑張りまーす!
そのうちきっとチョコット変えてみたくなったりするのかもしれませんね☆
Posted by NYA☆MI at 2010年02月10日 11:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。