TAKA&NYAOMIのアトリエが渋谷にOPEN!
nyaoparabanner.gif
アトリエNYAOPARAのHP↑クリック
 
★お問合せはこちら★
タカ&ニャオミバンド
メンバー募集中!
KOTO街かどアーティストライセンス更新も5年目に突入♪
今年からユニット名を「タカ&ニャオミバンド」とし、ゲストをお迎えしての楽しいステージを目指します!
アコースティック系、ギター・ウクレレ・スチールG・フラダンサーなどなど♪

2009年07月11日

明日は

NUAのハワイアンデ〜
何時に来るのかな?みんな。
午前中行ったら遊んでくれるかな?
行ってもいいのかにゃ、、、

ところでこんなの使ってる人いますか〜
なんだコレ?
☆〜☆〜!!!
http://plaza.rakuten.co.jp/nyaopara/diary/200907110000/
posted by NYA☆MI at 20:26| 東京 ☀| Comment(6) | ウクレレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナット側のセットバック(というかセットフロント?)装置でしょうね。
ナットの溝の底が高い楽器(大抵の楽器がそうだと思いますが)には効果があるのでは。
もっともカヴィカやそれをまねした楽器のようにゼロフレットのあるものはもともと不要でしょう。
でも「ウクレレ用」と謳いながらなぜギターの写真を載せているのだろう?
Posted by MATT at 2009年07月12日 06:11
MATTさん

>「ウクレレ用」と謳いながらなぜギターの写真を載せているのだろう?

ごもっとも。
あと、ナイロン用とナイル・ガット用って?
誰か使ってないかな〜まだ、、、
Posted by NYA☆MI at 2009年07月12日 08:12
以前にこれとよく似た装置を付けている方が居ました。

勿論自作で、白鳥さんと言う方のウクレレです。
資料も見せて頂いた記憶が有りますよ。

もしかして、、同じ発明?
でもハイG用でしょうね。
Posted by きま at 2009年07月12日 09:14
きまさん
そうでしたか!
商品化されたのですねぇ。
とっきょきょかきょきゅ☆
Posted by NYA☆MI at 2009年07月12日 10:34
NYA☆MIさん

きまさんが言われる「白・・」さん。
小生も同席させて頂いていますです。
しかも、白・・さんは小生の「狂爺」の師匠でもあります。

小生にはもうお一方「池の・・・・」という師匠がおられます。

昨日のギター演奏、マジにお見事でございました。
流石やなぁ!!!。

さわやかな笑顔はさらにす・て・き!!!。
Posted by shu-san at 2009年07月13日 20:04
shu-san

お疲れ様でした!
shu-sanの歌も聴けて、ゆったりと落ち着ける例会でしたねぇ〜
ギターおほめいただきましてありがとうございます!ダドガドチューニングがちょっとお気に入りです。
あのチューニングはまだ1曲ですが、次もオリジナル曲でアレンジしてもらいます♪

いつかshu-sanともコラボさせていただけるようにがんばりまーす!
その時は是非歌ってくださいね♪

Posted by NYA☆MI at 2009年07月13日 21:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。