TAKA&NYAOMIのアトリエが渋谷にOPEN!
nyaoparabanner.gif
アトリエNYAOPARAのHP↑クリック
 
★お問合せはこちら★
タカ&ニャオミバンド
メンバー募集中!
KOTO街かどアーティストライセンス更新も5年目に突入♪
今年からユニット名を「タカ&ニャオミバンド」とし、ゲストをお迎えしての楽しいステージを目指します!
アコースティック系、ギター・ウクレレ・スチールG・フラダンサーなどなど♪

2009年04月12日

カラテナがカマテナに・・・

色々あってそうゆうことになりました☆
20090412KAMAKA.JPG
テナーが弾きたかったので何か1本と思っていましたが、やはりここはKAMAKAをチョイス!カラテナはお返ししました。
ウクレレはカマカに始まってカマカに終わるという諺があります(?)。はじまりはフェイマスでしたが、やはり終点はカマカです。

ウクレレをよく知りたくて、機会があれば色々弾かせてもらうのですが、実際は所有して弾いてみなければ、その固体の本当の良さはわかりません。
人の意見も参考にしながら、自分でこれは!と思ったものは買ってみます。お話だけでは楽器の良し悪しはわからないのです。
そして良く弾いてアレコレ考えてみるの。こうして得た経験が自分自身の感覚として身につくのだと思います。

良いウクレレはどういうものか?という永遠のテーマの答えは人それぞれなのだと思いますが、今回一つわかったことがあります。
ウクレレをこれから始める方にお勧めできるウクレレは、弦高なども含めよく調整されたウクレレであることが第一条件だと思います。
そういう意味では、タイプは違いますが、カラもカマカも少し調整が必要だと感じるわけです。
お店でリペアしてくれるとしても、買ってからのことです。試奏の段階で調整されていなければ、初心者には判断がつきません。
このあたりがテーマなんじゃないかと思うにゃ〜♪
ブランド名はあえて書きませんが、初心者ウク購入時はおつきあいしますよ〜声掛けてくださいにゃ♪
posted by NYA☆MI at 16:15| 東京 ☀| Comment(17) | ukuleleひとりごと(ギターもね) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お仲間が増えたのですね。

先日、地元の楽器屋でPU付きレスポール・ウクが
あまりにも安くて・・
でも、思いとどまりました。

カマテナは頑丈ですので、ギター弦を
そのまま使えますよ。
Posted by しの at 2009年04月12日 22:33
しのさん
はい!よろしくお願いいたしますぅ♪
頑丈そうで安心しました。
カマカは音が好き!
強弱のニュアンスもよく表現できるウクだと期待してます☆
修行しまーす!

今ヒロのテナーハイGセットが張ってありますが、3弦が巻弦じゃないのだと何が張れますか?
少しテンション下げたいの。
Posted by NYA☆MI at 2009年04月13日 15:07
コンサート用で、長さが足りれば
なんでも大丈夫です。ナイル、オルカス、新マーチン弦など。

テナー用にこだわるなら、コウラウや
ダダリオギター用、サバレス・アリアンスなど、テンションはきついです。
Posted by しの at 2009年04月13日 19:47
カマテナ持ってるだけ〜、のschun玉でございます。
ヒロには全部ナイロンの「オール・プレイン」がありますよ。
もしもヒロのフィーリングがお気に入りでしたら、お試しを!

Posted by schun玉 at 2009年04月13日 20:46
しのさん
>コンサート用で、長さが足りれば
そこんとこ大事ですよね〜
長さが足りないとこまっちゃーう!
テンション軽くするならコンサート用ってことですね。ありがとー
Posted by NYA☆MI at 2009年04月13日 21:58
schun玉さん
あれ?カマコンもカマテナも!!
もしかして各サイズ取り揃えてたりしてぇ〜♪
schun玉さんみたいに自分で調整出来るといいにゃ〜
マーのSOも凄く良かったし、とっかえてください!何がポイントですか?手作りニャット?
>ヒロには全部ナイロンの「オール・プレイン」がありますよ。
OH!今度探してみます。ありがとー
Posted by NYA☆MI at 2009年04月13日 22:04
玉さんはコンサートもありやんしたか。さすが。
テナー弦(3は巻弦)を使って、1423と張り
Low-Gにする荒技もあります。
なんで3弦はアルミ合金なんだろう?普通の
巻弦は銅合金です。
Posted by しの at 2009年04月13日 22:12
音は我慢して、半年程ワースのコンサート用クリアーを張ると言うのはどうでしょうか。

カマカはご存知の様に,丈夫なウクレレです。
中々鳴る様で鳴りません。

自分は,最初の半年サバレスのテナーを張りましたが,御陰さまで腱鞘炎になりますた。

次にナイルも試しましたが気にくわず、色々張りましたが現在はワースのテナー用クリアを張ってあります。

オルカスは細いのでテナーでも大丈夫かな。
兎に角、音の好みは我慢して鳴るウクレレにしちゃうのです。

その後は,好きな弦を張りましょう。
提案ですけどね。
Posted by きま at 2009年04月13日 22:31
念の為・・・、カマコンは持っていませーん。(欲しいけど。)
手持ちは、テナーとスタンダードDXですね。

マーSOのあの個体は最初から素質があったみたいです。
最近かまってないのでご機嫌斜めです。
本当に変わるから面白いですにゃー。
Posted by schun玉 at 2009年04月13日 22:40
弦は弦長と張力(テンション)が一定とすると単位長さあたりの質量(重量)に反比例した音高(ピッチ)が得られるので、金属線を巻くことで線径(ゲージ)を増やさずに「単位長さあたりの質量」を増すことがおこなわれます。
もともとテナーやバリトン用の3弦はムクでは太すぎるが、銅合金の巻き弦では細くなりすぎるのでアルミ線を巻く場合があります。
それはアルミの密度(比重)が2.7と、銅(約9.0)の三分の一以下なので、「3弦用の巻き弦」として扱いやすいゲージになるからです。
Posted by MATT at 2009年04月13日 22:54
そう言えば,ジョニーは最初のカマカ弦で1年位我慢して使っていたなぁ。

ニャオもアルミ鍋で,暫く修行がいいんじゃないかな。
弦が決まる迄、出来るだけ何処もいじっちゃ駄目だよ。

痛い所は磨いても良いけど。
Posted by きま at 2009年04月13日 23:45
ただいまっ!
先程実家より戻りました。
皆様有難うございま〜す♪
今日はアトムウクで助手席で歌ってました。
眠気覚ましでございます。汗・・・
これからカマテニャをカマッテ寝ます☆
Posted by NYA☆MI at 2009年04月14日 19:36
しのさん
それは名案!!
ローGにする時はそうしてみます☆
ありがとー♪
Posted by NYA☆MI at 2009年04月14日 19:38
きまさん
色々ご研究されているので参考にさせていただきますYO〜!
>ワースのテナー用クリア
テナー様はコンサート用より長いだけかしら?
そこんとこ試験に出ないかしら?
けっこう弾くのにパワーが入りますね。
お疲れモードの時はソプラノが無難でし♪
Posted by NYA☆MI at 2009年04月14日 19:42
schun玉さん
そうでしたか〜DXですかぁ〜♪
まんべんなく可愛がってあげたいですが
やっぱり偏ったりしちゃいますねぇ。
SOは今度会ったらそっと取り替えちゃうって、たかさんが、、、
それほど良かった☆
Posted by NYA☆MI at 2009年04月14日 19:46
MATTさん
詳しいご解説ありがとーございますぅ♪
アルミだといい塩梅ってことですね。
太めなのね。
ん、、、ってことはあのまま普通にいつものローG弦をはると3弦より4弦が細くなっちゃうのね?!
それじゃダメですね。
しばらくはハイGのままですが、やはり順送りにするのが良いかもですね。
Posted by NYA☆MI at 2009年04月14日 19:50
きまさん 2
そうですねー。しばらくこのまま修行しまっす!
今はヒロらしいですよ。
でもテンションも色々あるみたいですね。どのタイプかはわっかりましぇーん☆
>痛い所は磨いても良いけど。
あーい!ありがとー
(まだフレット削ったこと無いのでした、、、)
Posted by NYA☆MI at 2009年04月14日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。