TAKA&NYAOMIのアトリエが渋谷にOPEN!
nyaoparabanner.gif
アトリエNYAOPARAのHP↑クリック
 
★お問合せはこちら★
タカ&ニャオミバンド
メンバー募集中!
KOTO街かどアーティストライセンス更新も5年目に突入♪
今年からユニット名を「タカ&ニャオミバンド」とし、ゲストをお迎えしての楽しいステージを目指します!
アコースティック系、ギター・ウクレレ・スチールG・フラダンサーなどなど♪

2009年02月20日

ピックアップのピックアップ

ウクレレの音は大きくないので、人前で演奏するときなどは電気の力が必要なときもあるの。
いくつか選択肢があるけれど、状況、好み、こだわりなどで変わってくるんだろーにゃー。

ウクレレに何の加工もしないならマイクで音を拾うだけ。
または小さなマイクを本体に付けてみたりね。
振動を拾うピックアップを装着するばあいも、穴あけ加工不要の貼り付けタイプや、加工して中に貼り付けるタイプや、ブリッジのサドル下に埋め込むタイプなどがあるよね〜。

どれが良いかは本人次第かにゃ。
私は貼り付けピエゾがほとんどです。
ボディーに貼ると、ボディーを叩いたりした音も拾ってくれます。
私はあまりたたかないけど・・・
このタイプを嫌う人は、理由として衣服がこすれる音も拾うとかあるようで、サドル下に仕込めば、カサカサ言わないとか。
だけど私は、逆にサドル下ピエゾだと爪が弦に触る音がどうしても気になるような。。。そんな理由でマミーに付けるときも貼り付けにしました。

実際問題どの程度の音量を出すのかで違っちゃいますね。
大きい会場でマイクだと難しいとか、さっき書いたボディーのこすれ音やスクラッチノイズなんかをどう避けるかとか。経験と技術が必要ですね〜。頭で考えてもどうにもならない。経験を生かしてにゃんとかです。

理想を言えばね、PAさんが良い機材で時間をかけてセッティングしてくれて、良い音がじゃ〜んて出せれば気持ち良いだろーにゃー♪
そーゆーとこで演奏してみたいにゃ。まだ腕がにゃ〜、、、
良い音を求めると楽器も機材も人にもお金がかかるのよね。
なので出来る範囲でより良く、、、となるのよね。ふぅ〜。。。
ストリートなど音響が整っていない場所での演奏は、簡易機材で音質なんて贅沢言えませんし過酷だにゃって思います。
合理的な選択をすることになります。
それでも音以外にも楽しいことがあったりもするんだろうなーこれが。
プロはね、セッティングにお金も時間もかけてよい音を聴かすのが仕事ですからね。
アマチュアの場合は、スタイル人それぞれ、どこまでやるかは自分次第でしょうか♪
お金をかけずトライできることはどんどんやりたいですね!
・・・何がある?!!!練習だ。。。

posted by NYA☆MI at 14:11| 東京 🌁| Comment(2) | ukuleleひとりごと(ギターもね) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の、wukiwukiって、どうなっているんだろう。まだ、恐くて開けてみた事がない。
Electric Guitarだと、平気で裏蓋を開けちゃうんだけど、wukiwukiだけは、まだ。

最近、録音は、BugsGearのEle-UkeにZOOMのA2.1uのセット。これはsolid bodyでsaddle下にpiezoのpickup。音が硬くなるのですけど、ZOOMのA2で誤魔化しています。
最近、プレ王で「さくらさくら」を公開したのですけど、それは、上の組み合わせで弾いています。
Posted by rot-N at 2009年02月21日 12:10
rot-Nさん
お〜!季節先取りで良いですね〜♪

私は生音を生かしたアコースティックサウンドに興味があって、エフェクターを使わなくなってしまったのですが、
エレウク+エフェクターのNさんスタイルも奥が深いですね。ZOOMのA2良い感じです。

Posted by NYA☆MI at 2009年02月21日 12:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。