TAKA&NYAOMIのアトリエが渋谷にOPEN!
nyaoparabanner.gif
アトリエNYAOPARAのHP↑クリック
 
★お問合せはこちら★
タカ&ニャオミバンド
メンバー募集中!
KOTO街かどアーティストライセンス更新も5年目に突入♪
今年からユニット名を「タカ&ニャオミバンド」とし、ゲストをお迎えしての楽しいステージを目指します!
アコースティック系、ギター・ウクレレ・スチールG・フラダンサーなどなど♪

2008年08月27日

足でアース、、、

NYA☆PARAにウクレレの音を追加しました。
TOPのWhat's Newからどうぞ。
って言うほどのもんじゃございません。

今日はノイズに悩まされました。
ケーブル刺すと小さくブ〜ンっていうの。
でも、ジャックを手で触るととまる。
プリアンプのほうを触っても止まるのですが、触ってたら弾けないでしょ。
だから足で軽くプリアンプを踏んずけながら弾いてみました。

オージのほうは踏むのわすれちゃったので、ブ〜ン。。。

両方とも弦がアクィラなのですが、マリッサはキュッキュしてる。
考えてみたらサドル下のピエゾはクロコ(ロックユーク)以来。
カサカサした弦の音は拾ってしまうのかしらね。

昨日ヒロを初めて触ってみましたが、この弦もカサカサしているのね。いろいろあるもんだにゃ☆
posted by NYA☆MI at 21:26| 東京 ☀| Comment(23) | ukuleleひとりごと(ギターもね) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うんうん、ハムノイズって悩ましいですね。
自分のカラダを張ってどっかしらアースすれば治まるようなので、私のばやいMTRやミキサーにシールドを余計に1本挿して、反対側のプラグを靴下や下着(笑)の中に入れたりしてます。
でも、そんなんでいいのかしらん?
Posted by yonaka at 2008年08月28日 02:03
yonakaさん
ハムがつくのね。おいしそー

>靴下や下着(笑)の中に入れたりしてます。

なるほどー考えましたにゃ。ふふふ。

>でも、そんなんでいいのかしらん?

ここでお答えをいただきたいものです。
いいのかしらん??


Posted by NYA☆MI at 2008年08月28日 07:31
Posted by NYA at 2008年08月28日 11:34
よくわかっていませんが・・・。

サウンドエンジンで遊んでいたら凄いノイズがいきなり発生しました。
なんと、2階で家内が掃除機をかけていたのです。

さらにダウンライト照明の光量を下げると・・・なんてことも。

パンドラちゃんにはNR(ノイズリダクション)がついています。
結構「汚れ落とし」をしてくれますよ。
Posted by shu-san at 2008年08月28日 12:01
WukiWukiの方は、内部にプリアンプを突っ込んでおらず、出力インピーダンスが高いおかげで、録音というと、「ブー」というHumが乗ります。で、仕方ないので、電線とワニグチクリップで人体をアースに落としています。
ワニグチでシールドを挟んで、電線の、もう片方を右手の小指に絡めています。
Posted by rot-N at 2008年08月28日 12:43
>パンドラちゃんには・・・
エッジが消えて音質が変わってしまうので、ノイズ消しは、あまり好きではありません。

先日、録音した時は、モニタリングをしていなかったら人体誘導ノイズがブーン・・・録音やり直しの時間が無かったので、Audacity上でノイズ除去をしたら、音色が甘くなって・・・でも、却って、その方が曲に合っていたので、そのまま発表しちゃいました(汗)。

ダウンライト照明、掃除機、モーター、外のバイクなどのエンジン、蛍光灯、自組のパソコンなど家庭内にもノイズの発生源は多いですね。

また誘導ノイズを発生し易い人と、し難い人がいるようです。私はノイズの多い人(^^;)。
Posted by rot-N at 2008年08月28日 12:54
そういうノイズって、プリをUkeに内蔵すると、インピーダンスが下がるので、減りますよね?
>MATTさん


・・・いるかなぁ(笑)?
Posted by rot-N at 2008年08月28日 12:56
「ノイズリダクション」のソフトもハードも「入ってしまってやり直しが利かない」場合に使うべきで、細かく聴いてみると音量に応じてノイズも増減する「息づき現象」がおこり、音色も変わってしまいます。
ノイズの源は皆様ご指摘のようにいたるところにありますが、大きく分けて「静電ノイズ」と「電磁ノイズ」になります。幸か不幸かウクレレのピックアップ類で電磁ノイズに影響されるのはその昔流行したドゥ・アルモンドのようなマグネチックピックアップくらいです。ただしプリアンプやギターアンプの電源トランスから発生する磁力線がお互いに干渉してブーンという一定の日本ハム(日本は余計ですが)音が出ることがあります。
この場合は機器同士の間隔を動かすことでノイズレベルが変わるので、ノイズの少ない場所に設定します。
Posted by MATT at 2008年08月28日 13:15
エレキギターやスチールギターのようなマグネチックピックアップを持つ楽器の場合、ギターアンプの電源トランスからの磁力線により伊藤ハム(またかい!)が発生するので、これもアンプとの距離を変えて防ぎます。
またピックアップによってはハムバッキングコイルと称して、弦の振動は拾うがアンデスハム(なんですか!)はキャンセルするものもあります。
Posted by MATT at 2008年08月28日 13:20
さてウクレレの敵「静電ノイズ」です。
蛍光灯や調光器から発生するジーという高調波を含んだノイズだけでなく、身の回りにはたくさんのノイズが飛び交っています。
これを防ぐには「静電シールド」を施す必要があります。簡単にいえばノイズを受ける素子(ここでは主としてピックアップ)の周囲を金属で囲み、それをアースに落とすことなのです。
失際にはピックアップ全体を金属でくるむわけにはいかないので、その出力線をシールド線にして出力ジャックにつなぎ、さらにそこからシールドケーブルでアンプなり録音機材につなぐのです。
ただ、ここでもんだいが発生し、これだけでは「アースに落とす」作業が入っていないのです。
この対策がニャーやyさんが勝新太郎の通関スタイルで録音する理由です。
Posted by MATT at 2008年08月28日 13:30
冷蔵庫や洗濯機のように水を使う機器のAC差し込み口にはかならず「アース端子」が付いています。
また輸入のアンプや録音機材のAC差し込みプラグには3端子になっているものがあり、丸棒の足がアースになっているのですが、日本の家庭のAC差し込み口のほとんどが2端子なのでこの棒を折ってアース機能を捨てて使用することが多いのです。
もし、このアース端子が有効ですとかなりノイズを低減できます。
また、アンプによっては「電源極性反転スイッチ」を持っているものもあり、これを切り替えることでノイズの少ない使い方ができます。
Posted by MATT at 2008年08月28日 13:37
テーマに戻ると、実は人体はアースに近い状態といえます。本当のアースというのは名前のとおり「(新党)大地」のことをいうので、良好なアースを得るためには銅の棒や板を地中に埋めてそこから引き出した線を「アース端子」として使うのです。
人体は大地とは直接接触していないのですが、擬似的に大地とみなされるほどの性能を持っています。
もっともこれは個人差があり、私のような干からびた者より若く溌剌としたニャーゴのような人物のほうが効果が大です。(脂肪や水分にも拠る、という説もありますが・・・)
さきほど触れた普通の家庭にある2端子のAC差し込み口の片方もアースに落ちているのですが、よく確かめないで使うと100Vがあなたの体を通ってアースにながれてしまい即死するのでよい子も悪い子もやらないでね。
どうしてもやりたいときには「検電器」でチェックしましょうね>よい子、悪い子のみなさん。
Posted by MATT at 2008年08月28日 13:47
ところでまたまたインピーダンスのお話。
以上の「静電ノイズ」はインピーダンスの高い素子ほど拾いやすいのです。
一般のピエゾ式ピックアップは極端に高いインピーダンスを持っています。
たとえば高級なダイナミックマイクロホンの出力インピーダンスが600オーム(実際には10Kオーム程度に内部で変換することが多いですが・・・)なのに対してピエゾはその1000倍以上のインピーダンスです。これをそのままひっぱりまわすとノイズが土砂降りのようにふりかかってきます。
Posted by MATT at 2008年08月28日 13:54
そこで登場するのが「プリアンプ」です。
以前shu-sanのところでmasayaと書き込み合戦をしたときのように、「アンプ」といっても主な目的はインピーダンスを下げるところにあり、電圧の増幅機能は二の次なのがこの「プリアンプ」です。
いま、ピックアップ出力をオーディオ用で巻き数比が10:1のトランスの一次側に加えると、二次側のインピーダンスは100分の1に下がるのですが二次側の出力電圧も10分の1に下がってしまいます。
これに対してプリアンプにくわえるとインピーダンスだけ下がって出力電圧は下がりません。これが「アンプ」たるゆえんなのです。
Posted by MATT at 2008年08月28日 14:03
プリアンプをつながない場合でも勝新スタイルであればノイズの大半が抑えられますが、もうひとつ注意しなければならないのは「シールドケーブル」の品質です。
シールドケーブルは信号のライン(これをホット側といいます)の周囲をシールド用(コールド側)として細かい網で囲ってノイズの新入を防ぐのですが、中身が見えないのをよいことにして安いケーブルではかなりの手抜きが行われています。
網(たくさんの線を巻いた構造もありますが)の目が粗かったり、プラグのボディーがプラスチックでノイズが飛び込みやすいものや、芯線が細くて断線しやすいものが出回っています。
購入の際の目安は「高価なもの」としか言えませんが、できれば金メッキのものをお勧めします。
いずれにせよシールドケーブルは「消耗品」です。
Posted by MATT at 2008年08月28日 14:14
・・・で、結論は?

ご家庭内にある「アース」を探して、そこから引っ張った電線をアンプなり録音機材にむすぶこと。です。

「アース」としては水道の蛇口でも冷蔵庫や洗濯機のボディーでも金属製のパソコンラックでもテーブルでもなんでもかまいません。

でも、決してAC差し込み口は試さないように!

あ〜振動。
Posted by MATT at 2008年08月28日 14:18
ただいま〜

わわわっ!!!
皆様毎度おさがわせしてすみません。
深く反省、、、(ほんとか?)
いただいたコメント、じっくりかみ締めたいと思います。少々おじかんくださいませ。
ありがとー

shu-san
まさか掃除機かけるな〜なんて言って無いですよね☆ウクレリアンの皆様、家庭を大切に!

rot-Nさん
帰ったらまずコードを短くしよう!なんて考えてました。(笑)私もノイズが多い方だろうにゃ。。

MATTさん
いつもすみません。
このたびお呼びたてしたのは私じゃないほうのNさんでし。。。
脂肪や水分たっぷりの私は最良の方法をとったのかにゃ?!うひひ。
Posted by NYA☆MI at 2008年08月28日 14:28
ハムにも色々有る(日本ハム、伊東ハム)。

yonaka氏は、時々感電してああなった、こーなった、、納得。

プリは、、結局ウクダンス、、たらっらったったったウクレレダンス〜〜♪

録音は水道、洗濯機、冷蔵庫にアンプをアースね。

脂肪と水分を沢山とる事、、、ふむふむ。

アースと言えば、、家のはベ−プだけど、、、げっ、フマキラだって。

シールドを短くするのは効果的だね。
しかし高価なシールドも使い捨てか、、、。
Posted by きま at 2008年08月28日 16:07
きまさん
なるほどなるほど。
まとめてくれて、ありがとー

>高価なシールドも使い捨てか、、、。
渋谷で確か5万円近いシールドいらない?
って言われて、要らない。。。ってお返事しました。
確かi○ao氏が使って気に入ったとかなんとか。。。
プロのレコーディングには必要なのかもにゃ〜
Posted by NYA☆MI at 2008年08月28日 16:59
MATT先輩

お書き下さり、ありがとうございました。

まぁ、録音のハムは喰えないヤツなので、食べるならプリマハムか、伊藤ハム、日本ハムと、他の物を食べなさいと言う事ですね。

Iwaoサン、「ウクは1年間使用できれば十分」だそうです。(「・・・だったら、このブラウニー、1年後に頂戴」という言葉を最期まで飲み込むのに苦労しました。(^^;))
Posted by rot-N at 2008年08月28日 19:58
プロの録音はラインは
使わないと思います。

きまさんの赤いのも実は・・・
Posted by しの at 2008年08月28日 20:04
rot-Nさん
ウクは消耗品ではにゃいにゃ。
にゃ〜!
ブランドもののハムたべてないにゃー、、、
Posted by NYA☆MI at 2008年08月28日 21:29
しのにゃん
スタジオでマイクでしたか、、、
エレキはどうするの?

>きまさんの赤いのも実は・・・
どの赤いのかしら?どーれ〜?
Posted by NYA☆MI at 2008年08月28日 21:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。