TAKA&NYAOMIのアトリエが渋谷にOPEN!
nyaoparabanner.gif
アトリエNYAOPARAのHP↑クリック
 
★お問合せはこちら★
タカ&ニャオミバンド
メンバー募集中!
KOTO街かどアーティストライセンス更新も5年目に突入♪
今年からユニット名を「タカ&ニャオミバンド」とし、ゲストをお迎えしての楽しいステージを目指します!
アコースティック系、ギター・ウクレレ・スチールG・フラダンサーなどなど♪

2008年08月12日

またもレイニャの

ローGにしているLeilaniスタンダードのレイニャですが
小さいながら太い音色で、ソプラノらしからぬ貫禄があり、とても良いウクレレです。
が、ちょいとお転婆さんでして、こちらの思いどうりにならない一面もあります。

全てに言えますが、電化することでさらに多くの要因が作用してきますので、出音についての責任はプレーヤーによるところとなるでしょう。

レイニャもピックアップ、アンプ、弦、未熟な奏者などなどに左右され、一度バランスを崩すと、なかなかしっくりきません。

昨日ローG弦を変えましたが、どうも鳴り過ぎるようで、アンプからの出音がボワ〜ンとしてしまいます。
そこで、ローG用のフロロ弦のかわりに、3弦を代用しました。
これでフロロのワンセットを順送りで細くした状態になりました。
なんだ、前にもやっていたじゃないか!ではあるのですが、どうも違うのです。
レイニャも日々成長しているようです。
2歳のレイニャはこれからが楽しみなウクレレです。

生音で悩むことはあまり無いので、弦を変える理由は、たいてい電気を流した出音や録音についてなのです。
今回はG弦に加え、レイラニのPUについている二つのネジの4弦よりを閉めてみました。
何度かテストしてみましたが、音量にはさして影響がないようですので、しばらくこの状態で様子をみたいと思います。

知識もあまり無いので、研究と言えるものではありませんが、日々工夫をしながら、自分なりに向き合っております。


posted by NYA☆MI at 16:34| 東京 ☀| Comment(0) | ukuleleひとりごと(ギターもね) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。